ボイトレ講師のお給料は?
2017.06.21

レコードボイトレ講師で正社員としてスクールに採用されている人は多くありません。アルバイトやフリーランスでの業務委託という契約が多いです。
給料は1レッスンいくらとか、生徒のレッスン料の何割がボイトレ講師の取り分とか、契約によって個々に決められています。
そのため、基本的にたくさんのレッスンを行い、たくさんの生徒を受け持つと、ボイトレ講師はそれだけ収入が上がります。

生徒のレッスン料は一般的にクラシック音楽が高い傾向にあります。クラシック音楽だと1レッスン1万から5万円ぐらいと差はありますが1万円以上が相場になります。
ポップス系だと1レッスン2,000から8,000円ぐらいが相場。4,000から5,000円ぐらいが多いです。
地方によっても変わります。東京と地方都市では東京の方が少し高い傾向にあります。
東京だと1レッスンいくらというスタイルが多く、地方都市だと1か月に4レッスンでいくらと月単位のスタイルが多いです。
東京だとたまにレッスンを受ける生徒でもなるべく増やせばいいですが、地方都市だと1レッスンごとに細かく分けると安定したレッスン料を確保できないという事情があるからでしょう。

講師の取り分は各スクールや講師のスキルによってかなり変わります。25%とか60%とか。たとえば1時間5,000円のレッスン料の25%だと1,250円。60%だと3,000円。
生徒のレッスン料も取り分も違うのでそれ以上になる事もそれ以下になる事ももちろんあります。
アルバイトで1レッスン1,000円というところもあり、他業種のアルバイトと変わりませんが、そのぐらいの給料の例も少なくありません。
長く続けて自分のスキルが上がるとボイトレスクールでの条件は多少よくなるのが一般的です。
自分で開業すればレッスン料がそのまま自分の取り分になりますが、もちろんスクールを維持するためのすべての費用をそこから出さなければいけません。
いずれにしても、どれだけたくさんの生徒を集められるか、たくさんレッスンを行えるかが収入の差になります。
毎日夜遅くまでフルにレッスンを行うと世間の平均より上になったり、多くの生徒に支持される人気の高い講師だと高収入になったりする例もあります。
フルにレッスンを行えないとボイトレ講師の給料だけでは足りなくて他に副業をもつ人も少なくありません。それは、元よりボイトレ講師は自分の音楽活動の傍らに行っている人が多いというのも理由になっています。
ボイトレ講師としてのスキルが上がれば生徒も増え、レッスンも増え、スクールの条件も上がり、さらに自分で開業するというのも視野に入ってきて、収入の上がる可能性が高まります。

▲ ページトップへ