ボイトレ講師の募集ランキング

第1位 小林音楽教室

  • 音楽の価値を大切にしている音楽教室の「理念」

  • 子供の成長を応援するキッズボイストレーニング

  • 生徒一人ひとりに合わせた無理のないレッスン

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

小林音楽教室に対するみんなの口コミ

歌うのが大好きだった娘をこちらの音楽教室に通わせました。実はこちらの音楽教室の前にもう一つ通っていましたが、娘が自らここ...
こちらのキッズボイストレーニングレッスンを息子が受けています。初めてその名前を聞いたときは正直何かよくわかりませんでした...
歌や音楽が大好きな息子にこちらを通わせています。あまり習い事などが好きではない息子なので、初めは馴染めるか不安でしたが、...

幅広い目標を持った生徒たちの応援

小林音楽教室では、歌う事がまったくの初めての方から、音大受験を考えている方まで幅広く対応しています。基本的な体の使い方や呼吸法などを丁寧に指導し、音楽を通して人生を豊かにするお手伝いをしています。

第2位 カワイ音楽教室

  • こちらでは大人のコースでの募集があります

  • 大人の生徒さんは練習熱心で積極的な傾向があります

  • ヴォーカルコースだけを教えたい方に適しています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

カワイ音楽教室に対するみんなの口コミ

大人コースのヴォーカルコースには、夢にあふれる生徒さんが来ます。また、カラオケがうまくなりたいなど、趣味の延長上で来られ...
今でも音楽が好きなら、とてもやりがいを感じながらできる仕事だと思います。音楽の楽しさを人に伝えていくことができます。生徒...
カワイ音楽教室で講師をしています。ボイトレをしっかりしたい生徒さんも多いです。私が習ってきたことを伝えていくことができて...

こちらは日本全国に音楽教室があります

カワイ音楽教室は1956年に誕生しました。音楽はもちろん、個性を尊重し合うということを、音楽を通して伝えています。

第3位 ヤマハ音楽教室

  • 長く安心して働くことのできる環境が整っています

  • 基本はグループレッスンで教えていくことになります

  • こちらの独自のカリキュラムがあるから安心です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ヤマハ音楽教室に対するみんなの口コミ

こちらで講師をしています。最初は先生と呼ばれるのもなんだか気恥ずかしかったのですが、今ではすっかり慣れました。ボイトレな...
条件が良かったのでまずこちらに応募しましたが、厳しい分、特典もあり自分の向上にもつながります。カリキュラム通りにレッスン...
ヤマハ音楽教室でボーカルレッスンの講師をしています。やる気にみなぎった生徒や夢いっぱいの生徒恵まれています。とても楽しく...

音楽、指導、人間性すべての能力が必要です

ヤマハ音楽教室では、講師としての魅力を求められます。またさまざまな年代を教えるのでコミュニケーション能力も大事です。

第4位 島村楽器株式会社

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

楽器の店頭販売などをしています

島村楽器株式会社は楽器の販売で有名です。その他、音楽雑貨の販売やスクールの運営、練習スタジオの運営など音楽に関わる事業を幅広く行っています。

第5位 株式会社河合楽器製作所

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

こちらでは楽器を製造、販売しています

株式会社河合楽器製作所では、音楽教室の運営以外に、楽器をつくったり仕入れをしたり、それを販売したりしています。また体育教室も運営しています。

ボイトレ講師になるにはどれくらいの実力が必要?

レコードイラストボイストレーニングと言うと以前は歌手や俳優、芸能人の発声練習というイメージでしたが、プロになる以前に自分の技術を高めたい人向けのスクールなど、ボイトレ自体が一つの仕事として近年広く普及してきました。スクールの分、ボイストレーニングの講師の数も増えています。
ボイストレーニングと一言で言っても音楽、声優、また趣味のカラオケ、ビジネスでの話し方などいろいろな人向けのものがあります。音楽の中でもクラシックとポップス、ジャズなどジャンルが違うとボイトレの内容も変わってきます。
ボイストレーニングの講師に資格は特にいりません。その意味では、自分で名乗れば、その時からボイトレの講師になれると言えます。とは言え、教える生徒がいないとボイトレ講師としての職業としては成立しません。
職業としてのボイトレ講師になるためには自分でスクールを開くか、あるいは既存のスクールに採用される必要があります。
音楽や声優、話し方などスクールの内容によって講師として求められる実力は違います。音楽だとピアノや楽器の弾き語りができる事が必要なところもあります。プロやプロを目指す人にはその人に教えられる技術が求められます。
すでにどこかでボイトレ講師の経験があるというのが一番わかりやすいですが、自分はどこで学んだか、何の経験があるという何かしらの実績があるとアピールポイントになります。
どこのスクールにも研修はあるので、ボイトレ講師自体の経験がない人でも、この人ならやっていけそうと思われたら採用されます。そのスクールのやり方を学習して講師として実践できそうと判断されればという事です。
ボイトレのスクールで、講師養成コースがあり、検定に合格するとそこの講師になれるところもあります。
音楽大学を卒業していなくてもボイトレ講師になれるスクールも多いですが、自分自身がボイトレを受けた経験があるというのは大事です。

ボイトレ講師の求人の探し方

ダンスボイトレ講師になるにはまず自分がどのような種類のボイトレの講師になりたいのかはっきりイメージするのが大事です。音楽か声優か、あるいは話し方のボイトレかの違いはもちろんですし、生徒のレベルもどのぐらいをイメージしているのかが大事です。
子どもに教えたいのか、音大で学んでいる生徒に教えたいのか、オーディションに合格したい人に教えたいのか。
ボイトレ講師募集というキーワードだけでもしどこかに採用されても、自分がイメージしていたのがポップスのボーカリストだったのにまったく違うジャンルや違う生徒層だとやりがいを見いだせないかもしれません。
自分のイメージが固まったら、そういうスクールを探します。ボイトレの種類、客層、そのスクールのシステムや生徒に対する考え方、スクールの雰囲気、講師に求められるものや待遇、自分がそこで働きたいと思えるかなどをよく考えます。
ハローワークや一般の求人サイトではボイストレーニング講師の募集というのはあまり見かけません。ネットで「ボイストレーニング講師 募集」などと検索すれば音楽関係の求人サイトなども見当たりますが、それ以外に、自分が気に入ったスクールでボイトレ講師の募集をしていないかチェックします。
ボイトレのスクールだと普段からボイトレ講師の募集をしているところも多いです。ただ、近いうちの深刻な募集というよりは、いい人がいればというぐらいのニュアンスのところも少なくないです。
音楽のボイトレスクールだと音楽大学や専門学校を卒業している事や、ピアノや楽器の弾き語りができる事などが条件となっている事もあります。また、未経験者可と書いてあるところでも経験者や実績のある人の方が採用されやすいです。
すでに十分な経験やスキルがあれば自分の気に入ったスクールを探して申し込めばいいですが自分にまだ経験やスキルが足りない場合は講師の養成やスキルアップに力を入れていて未経験からでも講師になれるスクール側のシステムができているかというのもチェックポイントになります。
有料の研修制度のあるスクールや、メニューに講師養成コースのあるスクールもあります。それだと今すぐボイトレ講師になれるわけではありませんが、自分に経験やスキルが足りない場合はそれも一つの堅実なルートになります。

ボイトレ講師の仕事

ダンスを踊る男女音楽や声優、話し方などの発声や歌唱がうまくなりたい人にボイストレーニングを行うのがボイトレ講師の仕事です。
教え方はマンツーマンで行うのとグループで行うのがあります。一つのスクールで両方のコースのあるところも少なくありません。
ボイトレスクールの生徒は自分の好きな時間に予約を入れて訪れますので大体1レッスン60分単位で講師はそれらの生徒を受け持ちます。
スクールはなるべくたくさんのレッスンに入れる講師を歓迎しますが、生徒や他の講師との兼ね合いで自分でたくさん入りたいと思っても希望通りにならない事もあります。なるべくたくさんの生徒を受け持たないと収入になりません。
スクールによって教え方がマニュアル化しているところもありますが、基本はあっても講師の裁量に大部分が任されるところや、生徒一人一人に合わせたボイストレーニングが組み立てられるところもあります。
一人の生徒をずっと受け持つ場合はその生徒の上達に合わせてメニューを変えていく必要があります。
受け持つ生徒が現在どういう状態で、どこを改善し、どう練習すれば上達するかを見極める必要があります。他の講師と相談したり、スクール内のミーティングで指導方法を見直すなどのサポート体制がしっかりしているスクールもあります。
また通常のレッスン以外に、コンサートや発表会など、さまざまなイベントを行うスクールも多いですが、それらのイベントの準備も講師が行います。
ボイトレ講師の仕事はレッスンだけではなく、その準備、それ以外の仕事なども多いです。

ボイトレ講師になるためには?

ミラーボールボイトレ講師になるには資格は必要ありませんが、生徒がいなければ仕事になりません。自分で開業するか、既存のスクールに採用される必要があります。
まったく経験のない状態で開業しても生徒を集めるのは難しいので、まずはスクールに勤めるのが順当です。
スクールによってボイトレ講師募集の条件がいろいろ違います。音楽のボイトレスクールだと音楽大学や専門学校卒業がボイトレ講師募集の条件になっているところもあります。またピアノや他の楽器の弾き語りができる事が求められているところもあります。
未経験者も可というところもありますが、ボイトレ講師としてやっていけそうだと判断されるためのアピールポイントはやはり必要になります。どこで学んだか、何の経験があるかなどです。
また、ボイトレ講師としての直接のスキル以外に、そのスクールの考え方に共感するか、社会人としての良識があるかなどといった点をボイストレーニング講師の募集要項に明記してあるところもあります。このあたりは他の職種の採用と同じです。
応募条件に明記していないところでも一般的な採用基準は最低限チェックされるでしょう。
講師養成コースがあり、そこで合格するとそのスクールの講師になれるところもあります。時間はかかるように思えますが、手堅い分、むしろ一つの早道となる可能性もあります。
仮にそのスクールの講師になれなくても他のスクールの応募時に講師養成コース受講の経験ありというのは一つのアピールポイントになります。
自分でボイトレを受けた経験があるというのはやはり大事です。

▲ ページトップへ